前へ
次へ

社会人になったら必要なマナーになります

社会人になると電話の応対、名刺の受け渡しなどのビジネスマナーを学びますが、社会人になってから更に必要となるのが冠婚葬祭のマナーです。
もちろん、社会人になるまでにも冠婚葬祭に参加、参列することはありますが、社会人になるとその階数は格段に増えてきます。
冠婚葬祭の中で、葬儀、葬式のマナーは知らないと自分が恥をかくだけではなく、家族、会社の人が恥をかきます。
ですので基本的なマナーをつけておくことが大切です。
マナーとしては、葬儀、葬式に参列するときの衣装、持ち物ですが、華美な衣装はNGです。
衣装は礼服で持ち物は黒いものを基本とします。
そして、参列するときの衣装としては数珠、香典は大切です。
コンビニエンスストアがあり24時間手に入れることができますが、いつどこで発生してもよいように数珠などは会社に盛っておいてもいいかもしれません。
葬儀、葬式に参加、参列した時には静かにしておくことです。
友人、知人などと会っても大きな声ではなしてはいけません。

Page Top