前へ
次へ

葬儀屋のプランには隠れた必要経費がのしかかる

葬儀をするにはたくさんのお金がかかります。
その費用は参加する人の数とプランの選択で決まります。
平均すれば約150万円から200万円程するとも言われる昨今ですが、多くの葬儀屋のプランを拝見してみると、今はやりの家族葬やその前に主流に一般葬儀の祭壇のプランは安いので50万円くらいから高いのだと100万円くらいかかります。
けど葬儀代のプランはこれだけでは終わらず、隠された部分があります。
プランの金額は祭壇だけの金額な場合が多いです。
まずは告別式の日は霊きゅう車が会場から出し入れするので警備員が入り口にいます。
これで1万円ほどかかります。
他に遺体が入ってる棺桶が8万円、骨壺が11000円、仏衣が1万円、遺影写真が3万円、霊きゅう車使用料が36000円、火葬場へのバスが35000円、枕飾りが15000円、会場使用料が8万円、アシスタント司会が25000円、納棺の布団が2万円、ドライアイスが1日8000円ほどかかります。
これに参加した人の食事代と礼状と礼品を足すことになります。
こうするとトータル経費で20人参加程の場合だと祭壇の費用プラス50万円ほどかかります。
これとは別に火葬場の使用経費とお寺さんへの読経代と戒名の名づけ経費など足すと、さらに30から50万円ほどかかるともいわれます。
だから平均して150から200万円ほどの計算になってしまいます。

Page Top