前へ
次へ

社会の変化による葬式のスタイルの変化

お葬式は故人を偲び、次への世界へと送り出す昔から行われている宗教的な行事です。
昔からのスタイルが社会の変化により大きく変わってきています。
そのひとつが葬式を行う場所です。
昔はほとんどの人が自宅で行っていました。
それは、家というスタイルが一軒家でしたからです。
しかし、住宅事情の移り変わり核家族化などによりアパート、マンションに住む人が非常に多くなり、自宅でお葬式を行うことが出来なくなったからです。
そのため、多くの人は斎場、葬祭会館などの専用の施設で葬式を行うようになってきました。
それだけではありません。
アパート、マンションなどでも隣近所での付き合いは少なくなりますが一軒家でも昔のように町内での連帯が薄れてきているからです。
昔のように葬式ですと隣近所が手伝いをして助けていましたが、地域へのつながりが希薄になってきていることから自宅でも葬式を行うようなことが出来なくなり、都市部ではほとんど自宅で行うことはありません。

Page Top