前へ
次へ

葬式屋さんの供養で人形出せるとこもあるかも

葬式屋さんは人間かペットの葬儀をするのが本業なのですが、慣習的な理由で友引の日は告別式を行わない方針

more

社会の変化による葬式のスタイルの変化

お葬式は故人を偲び、次への世界へと送り出す昔から行われている宗教的な行事です。
昔からのスタイ

more

葬儀、葬式の費用がなぜ高額となるのか

葬儀、葬式というと故人を弔い、送り出す大切な儀式です。
昔は多くの人が自宅で葬儀、葬式を行って

more

最近増加をしている葬儀のスタイル

昔は近隣にも訃報の回覧を出して、逝去をしたことを知らせるということが一般的でした。
葬式は出来るだけ盛大に執り行なうということが多かったです。
しかしそうなると故人と直接関わりがない人が参列をするということも出てきてしまいます。
遺族との関わりがあるので、義理で参列をするというのは、なんだか故人に対して失礼に当たると考える人もいます。
また知らない人に自分が亡くなった時の顔を見られたくはないという人は多いです。
そこで出来るだけこぢんまりとしたシンプルな葬式を執り行なう人が増加をしています。
家族葬で執り行なって訃報は後日ハガキなどでお知らせをするという人もいます。
またもっと簡素化したいということであれば、直葬にしたり、1日で執り行なうことが出来るプランを利用する人も増えてきています。
そんなに盛大に執り行なうことはないと考える人が増加をしているので、斎場もコンパクトなところが増加をしてきているのも事実です。

ロゴマークの制作など幅広く仕事をしています

大阪・京都のオーダースーツサロン【サルトクレイス】SARTO KLEIS
サイズ・シルエットにお悩みの方、生地やデザインを自由にカスタマイズしたい方など、どうぞお気軽にご来店ください。

自社サイトへの攻撃などにお悩みの企業様はCloudbricにご相談ください

遺品整理を低価格でできる仙台のクヨカ
片付けたお品物を積極的にリサイクルしています

Page Top