前へ
次へ

さまざまある葬儀スタイルの種類について

最近のお葬式にはじつにさまざまなスタイルのものがあるため、葬儀プランを選ぶ際は事前にその種類を知っておくとよいでしょう。
まず、昔からあるお葬式のスタイルは一般葬と呼ばれており、参列者の人数が大規模になることが特徴です。
一般葬は一度に多くの方とお別れが出来るため、人付き合いが多かった故人の場合などに向いていると言えるでしょう。
次に、最近人気があるスタイルとしては家族葬と呼ばれるものがあり、家族を中心とした少人数で行われるのが大きな特徴です。
家族葬は身内だけの葬儀になるため、アットホームな雰囲気で行いたいという場合に向いています。
そしてシンプルなスタイルとしては、一日葬と直葬があり、一日葬は葬儀の日程を一日で済ませられるため、体力的・精神的な負担を軽減したい場合に向いています。
一方の直葬は、火葬だけを行って通常の儀式を省略するというスタイルであり、費用も激安なので、とにかく葬儀費用をかけたくないという場合に向いていると言えるでしょう。

Page Top