前へ
次へ

葬儀、葬式の費用がなぜ高額となるのか

葬儀、葬式というと故人を弔い、送り出す大切な儀式です。
昔は多くの人が自宅で葬儀、葬式を行っておりました。
弔問客が多いケースですとお寺などで行っていました。
しかし、現在は自宅で行うケースは少なくなりつつあり、葬儀、葬祭を専用の葬儀会館で行う人が増えてきております。
葬儀会館が増えるためか、運営する株式会社が上場するなど葬儀がビジネスとなってきています。
それは、葬儀、葬式自体の運営方法にあります。
故人が亡くなったら、すぐにお通夜、葬儀、葬式を行わないといけません。
準備する期間が非常に少ないのです。
そのため、葬儀会社が出してくる見積もりを比較検討する暇もなく、1社独占で出した見積もりをそのまま信用して支払います。
業者からのいいなりなので、高額になってしまいます。
ですが、亡くなる前に見積もりを取ったり、準備をしているとまだ亡くなっていないのに準備をしていることも問題になります。
ですので、高額になってしまいます。
しかし、新規参入する会社が増えてきたこともあり、以前より低額で葬儀ができるようになってきました。

Page Top