前へ
次へ

お葬式の時、誰を喪主にたてたら良いのでしょう

喪主はお葬式の代表者です。
故人に代わってお葬式を主催し、参列者の弔問を受ける重要な役目ですので、通夜の前日までには決めておきましょう。
古くは、法律上の相続人が喪主を務めましたが、現在では、故人ともっとも縁の深い人が喪主を務めるようになっています。
具体的には故人の配偶者が、配偶者がすでに他界している時は長男が、長男がなんらかの理由でお葬式に参列できない場合は次男の順で喪主になります。
故人に男性の子供がいなければ、長女、次女の順で喪主になりますが、この時、女子は嫁いでいてもかまいません。
故人に子供がいない時は、父親、母親、兄弟の順で喪主になります。
ただし、喪主になる順位が高い人でも、高齢であったり、幼児である場合は、親族で相談して別の喪主をたてましょう。
喪主を決める時、通常は血縁関係を重視しますが、たとえ血縁関係があっても、生前に故人と付き合いがなかった方を喪主にたてるのはよくありません。
もし、故人が生前に喪主を指定しているならば、その意志に従いましょう。
喪主を決める時に一番大切なのは、「故人を悼む気持ちを最優先する」ということです。

Page Top